2018.7.13 Fri

【心理テスト】バチェラー診断!あなたは選ばれる女?

ハイスペックのイケメン独身男性をめぐって、女性たちが自分の魅力をアピールし、互いに壮絶なバトル?を繰り返すリアル婚活ドラマ『バチェラー・ジャパン』が話題沸騰中。バチェラーが選んだ相手として、赤いバラを渡され、最後まで勝ち残れるのはいったい誰?見ている方もドキドキします。このエキサイティングで興味津々のドラマにちなんで、あなたの選ばれる女度を診断してみましょう。

「バチェラー」と初めて対面したとき。あなたはどんなふうに自分をアピールしますか?

以下の選択肢からお選びください

  • 出会えたことに感謝しハグする

  • オリジナルのプチプレゼントをする

  • しとやかに歩み出て相手をほめる

  • ダンスや歌など自分の得意を披露する

この心理テストでわかるのは、あなたの「選ばれる女度」です。

バチェラーに選ばれる女性にはある傾向があるようです。初対面の場で自分をどんなふうにアピールするか? そのアピールの仕方から、あなたの魅力がわかります。はたしてその魅力がバチュラーの気持ちをつなぎ留められるものかどうか、あなたがたくさんの女性のなかから、勝ち残れるタイプかどうか、「選ばれる女」かどうかがわかります。

選択肢をお選びください

選ばれる女度60%

あなたは愛にあふれる女性。バチェラーはすぐあなたの顔と名前を覚え、他の女性が嫉妬するほど親密になれるでしょう。けれども、「選ばれる女」として最後まで残れるかどうかは疑問。なぜなら、あなたは彼に恋心を感じさせるより、母性を感じさせてしまうからです。彼からすれば、甘えられるお姉さんや母親のような存在になってしまいがち。結婚相手として「選ばれる女」になりたければ、少しクールに接した方が勝ち残れる可能性は高くなるでしょう。

選ばれる女度90%

あなたは細やかな気づかいのできる女性。第一印象で勝負するより、時間をかけて自分の個性を表現していくタイプ。自己主張しすぎないところが、あなたの魅力となっています。バチェラーのハートを射止めるために、他の女性とは違ったところを見せようとします。何の策略もないようでいて、意外にしたたかな面もあり、他の女性には好かれないかもしれませんが、バチェラーから「選ばれる女」として最後まで勝ち残れる可能性は大いにあります。

選ばれる女度70%

あなたは初対面のときから好印象を持たれそう。最初からバチュラーの目に留まり、結婚相手として理想的と思われるかも。ただ、自己PRという点では、他の女性に圧倒され、あなたの個性が際立ちません。つねに二番目か三番目の立ち位置で、にっこり笑っていれば魅力的ですが、特別に選ばれた少数の女性のなかには残りにくいかもしれません。「選ばれる女」になるためには、より積極的に自分自身をアピールしていくことが必要です。

選ばれる女度50%

あなたは大勢の女性の中でも目立つタイプ。バチェラーにとって親しみやすく、話しかけやすい女性でもあります。すぐに仲良くなれるでしょう。会話も弾み、パーティやイベントでも、中心的な存在でとして輝いているかも。ただ、バチェラーにとっては、あなたは友達感覚で付き合う女性。好感は持たれますが、「友達止まり」の可能性大。恋の相手から結婚の相手へと進む過程では、勝ち残れないかも。もっと自分に合ったタイプの男性をみつけましょう。

まとめ

自分を磨けば、誰でも魅力的になれます。ちょっとした態度振舞は好きな人から見られていると思えば、いつもとは違ってくるでしょう。自分に似合う色やデザインの服を探し当てれば、輝きもさらに増します。自信もつきます。そして、ポジティブな心を持てば表情も明るくなります。理想のバチェラーを想定して、彼のハートを射止めるための、自己演出してみてはいかがでしょうか?
中嶋真澄(なかじまますみ)
徳島県生まれ。パーソナリティ研究家、作家・詩人。エニアグラムアソシエイツ主宰。関西学院大学文学部大学院修士課程(哲学専攻) 修了。執筆活動のほか、性格タイプに関する独自の研究に取り組み、自己理解・対人関係改善などをテーマにしたワークショップも行う。その他、東洋的な占いを習得、横浜中華街にて占い鑑定修行後、イベント等にて易占・手相鑑定・人生相談なども行っている。著書に、『ドキッとするほどホンネがわかる ひみつの心理テスト』(池田書店)、『ココロの本音がよくわかる 魔法の心理テスト』(永岡書店)、『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』(三笠書房)など多数。テレビ・雑誌などでの心理テスト作成・出演も行うほか、『エニアグラム性格診断[恋愛編]』などiPhoneアプリ・電子書籍もリリース。
公式サイト:
http://hito.main.jp/
公式ブログ:
http://ameblo.jp/majikanakajima/

この記事をSNSでシェア

レコメンドメニュー