2017.3.15 Wed

占いストリート

【心理テスト】電話の受け方でわかるあなたの「甘え上手度」

ここは、オフィス。会社の電話が鳴っています。どんな風に、取りましたか?

以下の選択肢からお選びください

  • 自分のデスク以外で、立ったまま

  • 自分のデスクで、半立ちで

  • 自分のデスクで、作業しながら

  • 自分のデスクで、手を止めて

このテストでわかるのは、「甘え上手度」です。

オフィスにかかってくる電話は、時と場合を選びません。何か別の作業をしているときに、割り込んでくるものと考えるのが自然でしょう。でも、これは、心理テストですから、本当ならば、いかようにもシチュエーションは選べるのです。あなたが思い浮かべたイメージは、そのまま、社交上のクセを反映しているというわけ。

選択肢をお選びください

甘え上手度90%

出たとこ勝負で、なりゆき任せなあなた。いろいろ取りこぼしが多いタイプですが、度胸と愛嬌で乗り切ってしまう人です。どこまでが許されて、どこからが無礼に当たるのかという一線を嗅ぎ分けるセンスは、超一流。いわゆる媚びて、甘えて、相手に頼る……的なアクションは毛嫌いしますが、「あいつなら、仕方ない」、「いつも一生懸命やってくれているから」と笑って許してもらえる範囲でラクをするのがトクイ。実は、甘えの天才です。

甘え上手度50%

何かあったら、いけないから。あなたは、そんな風に考える人。このため、空想上の電話の応対でも、自席から離れて取ることを自分に許しませんでした。ただ、電話番ではないという自負もあるため、半立ちという何か他の用事をしていた風を選んだというわけ。自分に甘えを許さず、やれる範囲できちんと一人でやり遂げたいという気持ちが強い人といえます。仲間がヘルプを申し出てくれても、ギリギリまで頼らず、頑張るタイプでしょう。

甘え上手度30%

電話は進んで取ったものの、自分の仕事の手は休めない……、そんな場面を思い浮かべたあなたは、ゴーイングマイウェイタイプ。うっかり受けた通話が切れてしまっても、用事があれば、またかけてくるだろう的に達観しているでしょう。無意識の中で、優先順位が自分にあるのです。ミスをしたら、謝ればいい、最初から、許してもらう気満々といえそう。そんな姿勢は自然に伝わってしまうもの。甘え好きですが、上手とは言えないかも。

甘え上手度10%

電話を受ける以上、万全の体制で。ビジネスマナーがビシッと身についています。それは、もしかしたら、会社の方針かもしれませんが、従ううちに、あなた自身のスタイルとなっているようです。常に、パーフェクトを目指す姿勢からは、甘えの要素は見当たりません。日常的にも、この緊張感が持続し、甘えたくてもどうしたらいいのかわらない甘えベタになっていそう。負担にならない用事を頼むことから、甘えるレッスンをするいいかも。

まとめ

人に甘えない生き方は、潔く、立派ですが、どんなときでも手助け無用と突っぱねるのは、深いかかわりを拒絶するようなもの。思いがけず、相手を傷つけてしまう恐れもあるでしょう。かといって、甘え過ぎ、おんぶにだっこでは、重いだけ。ほどよい使い分けが出来るようになってこそ、大人。一人前の甘え上手を目指しましょう。
章月彩乃(しょうづきあやの)
占術研究家、心理テストクリエーターとして、テレビ、雑誌、書籍などのメディアに多数の掲載実績を持つ。Yahoo Japan公式サイト「ウィークリー心理テスト」に掲載の心理テストも人気を博している。『Sho-Comi』『増刊Flowers』などで、毎月の占いを連載し、主な著書は、『絵でよみとく深層心理テスト』(実業之日本社)、『血液型別女子の取り説』(小学館)、『こよみを使って開運できる本』(神宮館)ほか多数。
公式サイト:
http://shzk.info/
公式ブログ:
http://ameblo.jp/shouzuki-ayano/

この記事をSNSでシェア